バイオプリンティングの世界へようこそ

生きた組織から未来の薬を

テクノロジーに命を吹き込む

皮膚や複雑な内臓などの人間の組織を人工的生み出すことは、SF小説にある出来事の聞こえるかもしれませんが、そのほとんどは現在世界中の研究施設で行われており、患者の治療に新しいオプションを提供しています。

バイオプリンティング技術を使用した実験室で作られた人間の組織と機能的な臓器の生産により、臓器不全に対する次世代の最も有効で標準的な治療が確立します。

 さらに、患者由来の細胞で生体組織をプリントする可能性は、個別化医療の新時代を切り開きます。

バイオプリンティングの用途

薬物検査

バイオプリンティング技術を通じて生体材料内から生成されたヒトの細胞はの反応は人体に非常によく近く、薬物/化粧品の試験に効果的なオプションを提供し、医薬品開発の時間とコストを削減できます。

研究モデル

バイオプリントされた3D人間組織が薬物のテストに役立つのと同じように、研究者は3Dモデルを使用して、通常の状態と病気の状態で人体組織がどのように発達するかをより深く理解できます。

3Dバイオプリンティング技術の進歩により、人間の組織のマイクロアーキテクチャに似た複雑な構造のバイオファブリケーションが可能になりました。

材料を気にせずに研究に集中

従来の枠を超えて

既存の 製品の性能を向上させることは、その成功に不可欠です。 しかし、場合によっては、全く新しい材料を開発することが、新しい環境に必要な製品特性を達成させる唯一の方法です。 そのため、従来のバイオインク配合を超え、カスタマイズされたバイオインクの設計に関するコンサルティングサービスを提供することで、お客様のニーズをサポートします。

人体組織組織をプリントするための革新的なバイオマテリアルを開発しています

×

Hello!

Chat with us on WhatsApp or get in contact through info@smart-tissues.com

× Need help?