バイオプリンティング

バイオプリンティングとは何ですか?

バイオプリンティングは、生体組織や臓器を製造するための技術です。 細胞、成長因子、および生体材料を組み合わせて、自然組織を厳密に模倣する3D生体構造を作成します。 通常、生体材料は、細胞が成長して独自の細胞外マトリックスを生成できるサポートとして機能します。

バイオプリンティング

押出装置を利用したバイオプリンティング

粘性溶液または分散液の形でのバイオインクの押し出しに依存しています。 バイオインクは、空気圧、プランジャー、またはスクリューベースの圧力を使用して、マイクロニードルを介して基板またはプレートに押し出されます。

004 - PrinterCreated with Sketch.

インクジェット方式のバイオプリンティング

インクジェット方式のバイオプリンティングは、マイクロサイズのバイオインク液滴を基板上に堆積させることによる非接触プロセスによって実現されます。

ステレオリソグラフィー

エネルギー源としてレーザーを使用した基板への生体材料の堆積に基づいています。

デジタルライトプロセッシング

このタイプの3D印刷技術は、ステレオリソグラフィー(SLA)に似ています。 主な違いは、デジタルライトプロジェクターを使用して各レイヤーの全領域を一度にフラッシュするため、SLAと比較してより高速な印刷時間を実現できることです。

患者を念頭に置いたバイオプリンティング

バイオプリンティングの存在価値

移植臓器の不足は世界中に起こっている深刻な問題です。 実際、世界保健機関は、5分ごとに1人が移植待機リストに追加され、移植を待っている間に毎日約20人が死亡していると報告しています。 移植臓器の順番待ちリストは数年から数十年に及ぶ可能性があり、科学者はこの世界的な問題に対抗するために新しい技術に目を向けるようになります。 3Dバイオプリンティングは、これらのテクノロジーの多くの中心です。 3Dプリントの原理に基づいて構築されたバイオプリンティングは、生体組織を層ごとにプリントするためにバイオインクを堆積させることに依存しています。 私たちの専門知識を人類に提供することで、近い将来、ドナー臓器に頼る必要がなくなり、移植が必要な人は、自分の細胞から研究室で育てられた個人用臓器を受け取ることができると信じています。




バイオプリンティングは、人間の臓器の不足を解決し、個別化医療を後押しする可能性を秘めています。

×

Hello!

Chat with us on WhatsApp or get in contact through info@smart-tissues.com

× Need help?